採用情報

採用情報

求める人物像

ヨットは向かい風のなかで、斜めでも前に進みます。
いつも追い風とは限らない中で、まわりの変化に対応が求められます。
しっかり地に足をつけて、大切なことから外れず自身で次の一歩を踏み出す「ちから」は、好奇心と向上心を持ち続け、素直に学ぶ姿勢から育まれていくと思っています。

そこに個性が生まれ、魅力となり、得手不得手があってもまわりとカバーし合うことで個が生きる、そう思っています。最初から「完成版」なんてありません。
悩み続けてもへこたれない心、齢を重ねても、きっと「未完成」なんだろうと思います。

代表取締役社長 井上 晃

募集要項

採用予定日 2019年4月
採用人員 若干名
勤務地 小樽市内および各営業所
募集職種
設計部・商品開発室 研究・開発・設計
営業部 商社様・工事店様等へのルートセールス
製造部 バルブの造形・検査・加工・組立・電気制御関連一式
事務 総務、経理、営業の事務
採用学科 全学部全学科
提出書類 卒業見込証明書、履歴書、成績証明書、健康診断書
選考方法 適性検査、小論文、面接、健康診断

採用に関する最新情報

設計部の先輩社員へのインタビュー

設計部 2015年入社

趣味はスポーツです。休日は大学時代から続けているアメリカンフットボールをやっています。最近は母校の大学でコーチとして所属していて、学生たちに指導もしています。コーチになって数年が経ちましたが、人に教える事の難しさを痛感しています。時折学生たちとぶつかり投げ出したくなることもありますが、そんな学生たちが試合に勝って喜んでいる姿をみると、心からやっていて良かったと思います。

Q.入社を決めたポイント

子どものころからものづくりに興味があり、大学は機械システム工学を専攻。在学中に、ものづくりの上流工程である設計を仕事で、自分が設計したものが形になっていくところまで関わりたいという思いで就職活動をする中で、開発・設計から製造、販売までを一貫して行っている当社に惹かれました。水抜栓は寒冷地住宅に必要不可欠な「縁の下の力持ち」のような存在です。人々の暮らしを支える製品作りに自分も関わりたいと入社を決めました。

Q.担当している仕事・業務内容

設計部は、新しい製品の設計や既存製品の改良設計が主な業務です。図面を書いて試作品を作り、実験・評価をして修正していく中で、自分が思い描いた通りの結果がでると達成感が得られます。また、基本的に設計はそれぞれ個人で行うので、その分責任重大ですが、自分が設計したものが製品になった時には大きなやりがいを感じます。設計をするうえで大切にしていることは営業部や製造部とのコミュニケーションです。製品づくりは設計だけでは成り立ちません。相手の意図をしっかりくみ取り、設計に反映させることを意識しています。

設計部の1日

8:30朝礼・打合せ
業務の進捗確認や情報の共有。
10:00試作品の検討
CADを使いながら試作品の形状や評価方法を検討。
休憩10:00〜10:15
12:00
昼休み
12:45製品組立
試作品を作り、水圧をかける等の実験を行い、試作品の評価。
15:00評価結果のまとめ
実験を行い集めたデータをまとめ、評価結果を踏まえながら、次の試作品の検討。
休憩15:00〜15:15
17:30
退社

Q.大変だったエピソード・失敗談

担当した製品の設計が、当初の納期に間に合わせることができないことがありました。設計自体は難しくなく、すぐに終了すると思っていましたが、関連部署との連携がうまく取れず、モタついてしまったためです。上司の的確な助言でなんとか仕事を進め、当初の納期から1ヶ月遅れでの納品になってしまいました。
仕事をする上で関連部署との連携は必ず必要です。今は仕事を円滑に進めていくためにも、他部署との意思疎通を大切にしています。

Q.今後の目標

設計者としてまだまだ未熟なため、今は先輩方にご指導をいただきながら日々業務を行っています。まずは1日でも早く1人で設計ができる一人前の設計者になりたいです。良い設計をするためには幅広い分野の知識や様々な角度から物事をとらえる視野の広さが必要です。そのためにも日々新しい知識や考え方を身につけていきたいです。そして、将来自分が設計した製品で会社だけでなく、社会のために貢献したいと思います。

就職活動中の皆さんへメッセージ

知っている名前の企業や募集要項ばかりにこだわらず、就職活動はいろいろな企業を見て回ってください。また、就職してから「思っていた仕事と違う」とならないよう、採用担当者や先輩社員たちと触れ合って、会社の雰囲気やどんな仕事内容なのかを聞くことも重要だと思います。就職活動は、面接や企業訪問などで緊張する場面も多く、精神的にも肉体的にも大変だと思いますが、自分に合った会社を見つけるためにも頑張ってください。

製造部の先輩社員へのインタビュー

製造部 2009年入社

趣味はサッカー観戦。子供を連れて一緒に観に行ったり、土・日・祝日が休みなので、家族と公園で遊んだり買い物に行たり、友人と遊ぶなど休日を楽しく有意義に過ごすことで普段の仕事の疲れを十分リフレッシュできています。有給休暇もしっかり取れるので、長期で旅行に行ったりもします。

Q.入社を決めたポイント

就職活動をするにあたり工場系の仕事がしたいと考えていました。いくつか選択肢が有り悩んでいたところ、高校の進路担当の先生から地元企業の当社を薦められました。実際に工場を見学し、鋳造・機械加工・製品組立と一連の工程を見せてもらいました。昔から何かを組立てるのが好きだった事もあり、製品組立部門がある当社に入社を決めました。

Q.担当している仕事・業務内容

入社以来、水抜栓の組立作業を担当しています。計画生産と日々の受注生産に対応するため、自分自身で一定の工程を管理し作業するのでとても責任があります。予定通りに工程を進める事が出来た時は達成感があります。
仕事をするにあたり大切にしていることは、現状に満足せず常に向上心を持つ事だと考えています。生産性を向上させる為に作業方法をどのように改善すれば良いか日々考え仕事に取り組んでいます。自分の提案が採用され、実際に作業方法が変更になった事や、新しい設備が導入された事もあり、非常にやりがいが有る仕事だと感じています。

製造部の1日

8:30朝礼・打合せ
その日の連絡事項の確認と工程確認。
9:30製品組立
基本的に計画に沿った生産を行うが、急な受注にも対応。
休憩10:00〜10:15
12:00
昼休み
12:45製品組立
午後も引き続き製品組立。
休憩15:00〜15:15
17:30
退社

Q.大変だったエピソード・失敗談

入社3年目の時、繁忙期に生産が追い付かず残業が続いている時期が有りました。先輩から業務を引き継いだばかりで精神的に余裕が無く、全て自分が頑張って仕事を終わらせなければいけないと考えていました。上手く行かない日々が続き、どうしていいか分からなくなってしまい、先輩に相談したところ「自分一人で頑張りすぎないで、もっとみんなを頼ってみんなで頑張ろう」と言ってもらい、とても気持ちが楽になりました。それ以来、周囲と協力して仕事を進める事が出来るようになり、精神的に余裕が出来ました。

Q.今後の目標

今後の目標は日々の作業をもう一度見直し、更なる生産性向上を実現して会社に貢献する事です。もちろん自分一人では実現困難な事も多々ありますが、周囲と協力して目標達成に向け精進して行きたいと考えています。
また、最近は後輩が多くなってきたので、自分しか出来ない属人的な作業を見直し、誰が行っても同じ結果になるよう作業の標準化も進めていきたいと考えています。

就職活動中の皆さんへメッセージ

就職活動はなかなか大変だとは思いますが、今後何十年と働く場所を決める期間です。後悔のないよう興味のある会社があれば企業見学に行き、雰囲気や仕事の様子を見てじっくりと考え、納得のいく選択をして下さい。当社もとてもいい雰囲気で仕事ができ、やりがいの有る仕事があると思いますので、興味を持って頂けたらと思います。

営業部の先輩社員へのインタビュー

営業部 2016年入社

休日の楽しみは学生時代から続けているラグビーです。大学卒業後から地元小樽の社会人チームに所属し、選手としてプレーしています。チームは仕事も年齢も様々ですが、楽しくラグビーができ良い気分転換になっています。また、長期休暇の際には泊まりがけでのドライブや、遠方にいる高校や大学時代の友人達と集まって飲みに出かける事も楽しみの一つです。

Q.入社を決めたポイント

生まれ育った町、小樽の企業で仕事がしたいと考え就職活動をしていました。
当社の業界について知識は有りませんでしたが、企業理念や社風について説明を聞く中で興味が湧き、この会社で働く事で成長したいと強く思った事が入社の決め手になりました。

Q.担当している仕事・業務内容

主に商社様や工事店様へのルートセールスを行っています。他には事務処理・配送・製品メンテナンス等も行うことがあります。お客様と対面する機会が多いので感謝の言葉を直接いただけると非常に嬉しいです。営業部の上司や先輩の仕事ぶりやお客様を通じて様々な事を学び、日々やりがいや刺激を感じています。
また、長年お付き合いしているお客様との関係は、諸先輩方が積み上げてきた信頼の上に成り立っていると感じる事があります。その想いをしっかりと受け止め、次の世代へ繋げる営業が出来るよう日々精進しています。

営業部の1日

8:30朝礼・事務処理
スケジュールやお客様からの問い合わせを確認。見積書の作成やお客様の電話対応。
10:00営業訪問
担当しているお客様を訪問。
12:00
昼休み
13:00営業訪問
午後も引き続きお客様を訪問。
16:00事務処理・打合せ
書類作成や営業マン同士で情報を共有。
17:30
退社

Q.大変だったエピソード・失敗談

担当先を持つ営業マンになった当初は不安や迷いがあり、どことなく自信を持つことが出来ず、お客様とのコミュニケーションの面でうまくいかない事が多くありました。そんな時に上司や先輩から数々のフォローやアドバイスをもらいました。その中でも「まずは明るく!元気よく!」という言葉が印象に残っています。シンプルなことではありますが、どこか気持ちが吹っ切れたような気がしました。その後は、お客様との会話ややりとりもスムーズになり、担当の営業マンとして少しずつではありますが認識されていると感じることができました。

Q.今後の目標

入社して数年経ちましたが、まだまだ自分自身未熟な点も多く先輩方に助けてもらうことが未だにあります。まずは1人の営業マンとしてもっとスキルアップしていきたいです。その為には日々、先輩方の良いところを吸収し、広い視野を持ってお客様の為を考えた営業が出来るようになりたいです。お客様から信頼され必要とされるような営業マンとなるのが今後の大きな目標です。

就職活動中の皆さんへメッセージ

私の就職活動時は、部活動との並行で思うようにうまくいかない面も多く、周りを見ては焦りや不安を感じることが多かったです。ただ、この就職活動の期間は、自分自身を見つめ直し考える事ができた大切な期間でもありました。つらい時期かと思いますが、まずは様々な業界・企業を見て視野を広げて自分の働く姿をイメージしてみてください。そこで行ってきた努力はきっと企業も見てくれています。皆さんが納得のいく就職活動ができるよう応援しています!!

インターンシップ

当社が考えるインターンシップはこれから社会に出る学生、すでに社会に出ているがより知見を広げたいと考える方々に最終製品を手掛けるメーカーとして職業体験をしてもらう事で今後の就職活動や自己啓発の一助となる事を目的としています。研修生とヒアリングの上、日数や研修プログラムを組立てます。開発、製造、販売まで手掛けるメーカーだからこそ、幅広い業務を体験していただいています。

過去の研修プログラム例

開発/製造/営業部と当社全体の理解に向けた研修
対象 今後の就職活動のため北海道ならではの企業を体験したい方
研修期間 計15日間
座学 開発、製造、営業部
実習 開発実験、製造ライン体験(鋳造、機械加工、組立て)、営業同行(札幌市内)
機械加工に特化した研修
研修期間 10日間
座学 製造部
実習 製造ライン体験(鋳造、機械加工、組立て)特に機械加工ではOJTにて社員指導

弊社理解のための資料

前代表取締役社長 井上一郎が、当社とそれを取り巻く環境に対しての基本的な考えと姿勢を表した講演による話です。興味のある方は下記PDF資料をどうぞご覧ください。

エントリー

新卒者エントリー


インターンシップエントリー